スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    加藤和彦に関する個人的覚書。

    • 2009.10.19 Monday
    • 14:28
     ・いわずとしれた『タイムマシンにお願い』。
    そういえば、ミカバンドの何代目かは、桐島かれんで、最近では木村カエラだった。
    ・泉谷しげるの名プロデューサーとして、どうして泉谷と加藤和彦氏が合うのかは今でも謎。
    『’80のバラッド』(1978)『都会のランナー』(1979)(何れも泉谷の最高作と思っている)など。
    ・あの奇跡的なアルバム、安井かずみが詞を書き、加藤和彦氏は鼻歌で作曲したという『あの頃、マリーローランサン』、
    これが氏のソロアルバムの中では僕のベストだ。
    今でもその中のメロディをふと口ずさんでいることがある。1993年の作品だ。
    ・拓郎がもう引退かとはじめて言われたあとの、『サマルカンドブルー』(1986)(これも安井・加藤の夫婦コンビ)は良かった。
    これが自分が始めて買ったCD(それまではレコードだった)と思う。
    ・北山修氏のソロ『12枚の絵』(1976)はおそらく加藤和彦氏+石川鷹彦とほぼ三人で作られた。

    ああ、こうやって負債のように、目の前にいろんなものが積み上げられてゆく。
    それらは自分の中で消化され、血となって肉となって、今の自分を作っているというのに。
    そして受け継がれてゆくということに感謝しつつ。黙祷。


    評価:
    コメント:安井かずみさんと一緒のカテゴリーに属してしまったのですね。

    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 14:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      悲しくてやりきれない:加藤和彦氏の死 [一望千里] 悲しくてやりきれない:加藤和彦氏の死 - ぐるりあれこれ見渡してみる - 一望千里.(続きを読む) 加藤和彦に関する個人的覚書。 | だからオレは泌尿器科医でおしっこと ... 加藤和彦に関する個人的覚書。 ・いわずと
      • 今日何が起こったのか!?ニュース速報
      • 2009/10/19 4:13 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM