スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    小林カツ代さん逝く

    • 2014.01.29 Wednesday
    • 18:38
    小林カツ代氏の訃報を知る。
    多臓器不全だそうだ。

    享年76歳。若すぎることもないが、まだまだ行ける歳だ。
    2005年にクモ膜下出血になって、一線からいつの間にかいなくなっていたんだけれど、死因が多臓器不全となると、やはり状況はそう楽観視できるものでもなかったんだろう。

    ケンタロウ氏という、素晴しい息子もいるけど、彼もご存知のように、バイクの事故で高次脳機能障害だそうで、一線に戻ってくることは・・・難しいように思われる。

    どっちもさびしい話だね。

    ほんと彼らの、特にこの本にはいろいろお世話になったよ。
    母子がひとつのテーマで競い合うという趣向で「ヤンソンさんの誘惑」もこの本で知った。

    松山にあるフィンランド料理の店「ワクセイ」で、はじめて本物のヤンソンさん(?)を食べた時には、想像と少し違っててびっくりしたけどね。
    もともとスゥエーデン料理なんだけど、本場で喰うことはまずないので、自分のヤンソンさんは、やっぱり小林母子のものになるってことなんだろうな。

    せめても自分にできることといえば、ケンタロウ氏が元気な姿を見せられる日が来ますようにと祈ることくらいです。

    明日の夕食は「ヤンソンさんの誘惑」にしようかな。

    http://ulalaulala.jugem.jp/?eid=77

     

    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 18:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      30代前半くらいの子と60代前半くらいの親子が
      楽しそうにしているのをみると
      親子が一番楽しい時間ってこの時代かなと思ったりします。
      自分がそうであったように。

      はじまりがあれば終りがくる。
      それは世の常ですね。

      終りが必ず来ることは、楽しい渦中にいるときは
      なんだか先のような気がしているものだけど。
      • はじめまして
      • 2014/01/30 4:20 AM
      はじめませてさん、映画とか小説を2回めに読む時くらいですかね、先がわかってるのは。自分の身にまさかこんなことが起きるなんてって、みんな思うけど、でも起こったことは覆せないんですよね。
      これもどこかに書いたんですけど、昔、浜田省吾さんが「起こったことはすべて善きことである」と言われたのがすごい印象的で、そう思うようにしております。
      この小林カツ代氏とケンタロウ氏の現況を見てると、たまたまとはいえ、なんだかシーンとしてしまいますね。
      • ulala
      • 2014/01/30 3:45 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM