スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    009 RE:CYBORG

    • 2014.01.03 Friday
    • 12:12
    009-1

    石ノ森章太郎は「サイボーグ009」の「神との闘い編」を描かずに亡くなった。
    その意志を引き継いで映画と漫画のプロジェクトが進行しているのもなんとなく知っていた。
    その「009 RE:サイボーグ」(2012)の映画の方をやっと観た。
    さて、この闘いが、我らがサイボーグ戦士の帰還なのだと諸手を上げて喜んでいいのかといえば複雑だ。
    ギルモア博士はなんだかアタマの弱いおっさんだし、
    009と002はなんだかしょうもないことで喧嘩別れしちゃってるし、
    フランソワーズはわざわざ挑発的な黒い下着をまとって、島村ジョーに抱きついて長い脚を絡めてチュ〜してるし、
    「バットマン」が孤独な闘い挑んでるのに、お前らはうちわで楽しくやってる場合かよ!って感じなのだ。

    009-2
     
    物語のテンポはいい。
    疾走感も有る。
    石ノ森キャラも21世紀バージョンとして違和感なく再生されている。
     
    しかし最も大切な「神」とは一体何なんだろう?という問い自体がけむにまかれてしまって、安易な結末に走ったのが一番低調な部分だろう。
    石ノ森章太郎氏が、延々と構想していて描くことがかなわなかったのはこの程度の物語だったのか?
    (いやきっと違うと思うよ・・ということはまだ続編があるんだろうかねえ?)

    ダコタハウスの前で、チャップマンという亡霊(彼のことを思うたびにこれは何かの啓示なのだとしか思えない自分がいる・・)に撃たれて死んだジョン・レノン。
    ジョンはかつて、「神とは概念にしか過ぎない」と歌った。
    そんな時代からもう幾星霜も過ぎた。
    宗教はヒトを救いもするが、とんでもない犯罪にまで人々を導いたりもする。
    それを、いずれも、「人間の弱さゆえ」「人間の不完全さゆえ」とひとくくりにしていいものか?

    サイボーグ戦士たちが、世界の中心で、弱い人間(人類)存在を肯定して(否定し得なかったと百歩譲って言ってもいいけど・・)、愛を叫んだら、
    世界はリ:バース(re:birth)されました・・では、あまりにもお粗末すぎやしないか。

    では彼らを、世界を、リ:バースしたのは一体誰なんだ?

    アトムは、ロケットに乗り込み、太陽にぶつかり、自らの死でもって人類を救ったではないか。

    島村ジョー(009)や、他のサイボーグ戦士が集う場所は、実は神の退屈な牢獄だった・・とか言うシニカルなオチで、そこから戦士たちの闘いがリスタートするというのならまだしもね

    やはり石ノ森章太郎の謎を解くには、「キカイダー」をもう一度紐解く必要があるのではないかと自分は考えている。

    これも・・考えているだけで、実行すらしてないんだけど。

    ドクターギルの笛がジローを狂わせる。
    ジローはチェンジする、キカイダーに。
    ジローが悩もうが悩ままいが、人間は白目をひん剥きながら踊り続ける。
    終末のダンスを、狂気の乱舞を。
    そのダンスと乱舞の果てにあるのは、個人なら「死」に違いないのでが、連綿と続く膨れあがったこの地球の行く末は誰も知らない。
    だからキカイダーは、「人間」になり、同胞を抹殺して旅に出たのか?
    天国がないのか?天使が死んだのか?
    いずれにせよ答えは自分の中にしか見いだせないのだけれど。
     
    この映画のビジュアルはうつくしい。

    未来都市TOKYOの摩天楼にダイブするフランソワーズも美しい。
    島村ジョーが、高校の同級生の腕に抱かれて、モノクロの海岸で目覚めるシーンは、自分に、かつての氏のイラスト集「ジュン」をも想起させた。

    偉大な才能だったんだな、石ノ森章太郎。

    009-3

    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 12:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      この009は攻殻機動隊バージョンですから、この解釈はしかたないのかも。。。
      • 馬鹿弟子。。。
      • 2014/01/04 5:34 PM
      うん、あのビルに003舞い落ちていくところは「攻殻機動隊」だったよね。それと原作に対するオマージュも散りばめられていたのも認めます。でも、なんだかわからないもののために戦って、観念だけでまとめようとしたきらいがあって、最後のあたりが失速したかなあと思うんですよ。だいたいおれは神様嫌いだしなあ(笑)。
      オタクの「馬鹿弟子」さんは何点つけましたか?
      • ulala
      • 2014/01/04 8:24 PM
      神山健治監督好きだし、攻殻機動隊の流れから言えば90点ですかね。でも仮面ライダーが石ノ森章太郎氏の原点ならば10点ですかね。永井豪の様なこだわりは無い様に思えます。まあ、他人に点数を付けるような立場では無いですが、一ファンとして。。。
      • 馬鹿弟子。。。
      • 2014/01/04 9:42 PM
      やっぱり世代の相違かな、新しいもの全然分からんし、「攻殻機動隊」だって押井守とかで完全切れてるし、パトレイバーくらいまでかなあ。
      このエントリーにも書いたけど、キカイダーのリメイクマンが読んでみたい気がしてますよ。
      でも日本のアニメはいいよ!
      • ulala
      • 2014/01/05 10:44 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM