スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    中華おでん@うちご飯

    • 2013.11.19 Tuesday
    • 07:49
    cyukaoden

     「中華風おでん」です。

    頂いた里芋で料理を・・と探して、一品目は「牛バラとの煮込み」にしました。

    2つ目も煮物がいいだろうとおでん風にしました。

    もとはウー・ウェンさんのレシピを参考にしたんですが、やっぱり、やたら具だくさんになりました。
    いつも料理の本とか見るんですけど、自分で適当にアレンジします。
    貧乏性のせいか、具だくさんになっちゃうのが悩みでしょうか。
    もっとシンプルに生きれんのかい!

    ・・料理にも人格でますよね、確実に(笑)。

    さて、おでんの出汁について「どんなの?」って知り合いに聞かれましたんで(そんな大したものでもないんですけどね・・)。

    今回は干ししいたけの戻し汁をそのまんま使いました。
    内子のやたらカサのでかいほしいしいたけでしたよ!
    そいつを一晩ふやかして具と汁にしました。カップ4杯分くらいかな。

    おでんの具に、巻き昆布とタコの足(いつもは牛すじなんですけど今回は目についたタコ!)を入れたので、それからも出汁が出るだろうということで。
    汁の量に合わせて、調味料は、醤油大3・酒大4・みりん大2、くらいです。
    いつも計量スプーンも使わない目分量ですけどね。
    煮込んでいって、最後に黒酢を大さじ2加えて2分ほど煮て完成です。

    この黒酢が中華風たる所以なんですけど、随分煮込んだので(前日から作りましたから)練り物の味も染み込んでるので、「おお、これが中華か」って程でもなかったんですけどね。
    基本的にはそのまんまでいただきますが、柚子胡椒とかもいい感じでした。

    ああ、あと、調べてたらナンプラーを入れるとエスニックなおでんになるみたいなんで、またやってみようと思いました。

    これからもっともっと寒い季節がやってきますが、日本には鍋というこころ強いレシピがあるのでいいですよね。
    心も体もほっかほっかにしてくれて、そんでもって、冷たい日本酒とか飲んだりすると、もう昇天ですね。
    それにしても、やっぱりおでんと名がつくからには、なに風であろうと、大根とゆで卵は外せませんね!

    さて、岡山のO田さん(笑)、少しは参考になったでしょうか?

    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 07:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM