スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    シャガールのDNA

    • 2013.08.01 Thursday
    • 10:19
    miyuki1.jpg

     といったわけで、下手な似顔絵を描かせてもらっているわけだが、
    最近厚かましくもこちらからモデル要求を(婉曲的にですが・・)させてもらってることも結構ある。

    酔った時しか描かない絵なので、
    そりゃ時間を作って絵と向かい合うわけでもないので、酔っぱらった時にだけ湧き出るなんかマグマみたいなものでもあるんでしょうかねー。

    まあ一種の酒ハラ(?)といってもいいかもヽ(^。^)ノ

    シャガールのふくよかなお腹の裸婦を見た時、ああこれはオレの帰属する世界だと思いましたよ。
    そういえば手塚治虫先生の『火の鳥』に出てくる古代のキャラにもそんなのがありましたっけ。
    手塚先生の青年まんがをこのところまとめて読んでいるんですが、あれを個人ですべてやっているというのは今から思ってもやっぱり天才ですね。
    妙に読者に迎合するところがないんですよね。
    関係ないけど、松本零士先生の森雪さんは、新しいアニメ『2199』では今時の巨乳ちゃんになってるけど、やっぱり松本零士テイストは引き継いでいるように感じました。
    松本零士先生は本人の言われるように永遠に生きていて欲しいですね。
    あー永井豪先生も!

    まあ何が言いたいかというと、いろんなことが巡り巡って今日の自分を作っているというような、アタリマエのことなんですよね。

    おれの稚拙な絵の中にも、何人もの巨匠が眠ってて、その彼方にはもしかしたらマルク・シャガールがいるのかもしれないでしょ。
    その遥か彼方には、洞窟に絵を書いたネアンデルタール人の男がいるのかもしれないです。

    先日(もう先先日かな?)、とあるBarで。

    リアルで会うの2回めのかっこいい彼女と、たまたま隣り合わせした彼女も、ふたりともとっても素敵でした。
    たまたまの彼女なんて、あとでわかったのだけれど実は遠い友達を通じてつながっていたという偶然のような必然でもあったりするし、

    意気投合して昨晩一緒に飲んだ若者(39歳だからそう若いわけでもないけど、それでもオレとは一回り違うんだ!)は、その遠い友達の高校の同級生だったりするし、
    世の中ってほんと面白いです。

    そして、ほんと昨晩、またまたとあるBarで、偶然から必然のようになって会った素敵な彼女の絵も4枚書かせていただいたりしたりして、
    それを若者がドキュメント風に撮影してくれたりなんかして、
    なんかそんなふうに更けていく夜は愛し・哀し・いとおかし・・でしたよ。

    繰り返しますけど、この絵たちの中にも、もしかしたらシャガールのDNAも流れてるんじゃないかって、不遜にも思ったんですよね。

    不遜すぎる?
    かすってもないだろって?

    はいはい。

    collage.jpg

    念のため、右下は大シャガール先生の陶器ですんで!

    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 10:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      そっか・・シャガールの遺伝子か・・。
      現段階では、あんまり遺伝子の影響受けてない感じですね。

      遺伝子の影響が出てくる発症年齢にまだ達してないんでしょうかね。
      • はじめまして
      • 2013/08/01 7:48 PM
      うわぁ、死ぬまでに発現するんでしょうか?
      • ulala
      • 2013/08/02 7:37 AM
      なんか最近、主婦番組(あさいち)なんかでも
      遺伝子検査で子供が何に向いてるか向いてないか
      調べる・・とかいうのがやってたみたいです。
      見てないけど・・


      今、ネットみてたら、DNAと遺伝子の言葉の違いさえ
      私は明確にしていないんですよね〜。
      基礎学力も積んでないところに
      DNAで子供の才能がわかるとか言われてもね・・


      好きで続けるということは
      ものすごく大切だと思います。
      何年も何年も続けることってできないですもんね。

      死ぬまで続けていれば
      ulalaさんの絵が
      まともになるかどうかはわかんないですけど
      好きだから、ま、いいんじゃないですか。

      特に世の中に迷惑かけてないし。
      飲み屋では迷惑かけてるかもしれないけど
      酔っぱらいしかいないし・・

      シャガールのDNAの仮説は
      わたしには、難しすぎてわからないので
      ulalaさんが研究してください。

      私が見た感じの印象は、どこにもシャガールはいませんが
      飲み屋ではきっとシャガールがいっぱいいますよ。
      • はじめまして
      • 2013/08/03 2:41 PM
      >飲み屋ではきっとシャガールがいっぱいいますよ。

      これいい言葉です。
      そのとおりですもん。
      その辺の空間に羽生やしてたくさん飛んでんですよね!
      • ulala
      • 2013/08/03 7:29 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM