スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    長浜大橋を目指したポタリングは果たして『目的ある逃走』だったか?

    • 2011.11.17 Thursday
    • 21:02
     「…そうか。
    逃走には二種類ある。目的のない逃走と、目的のある逃走だ。
    一般に前者を浮遊と呼び、後者を飛行と呼ぶ。
    君の俯瞰風景がどちらであるかは、君自身が決める事だ。
    だがもし君が罪の意識でどちらかを選ぶのなら、それは間違いだぞ。
    我々は背負った罪によって道を選ぶのではなく、選んだ道で罪を背負うべきだからだ」

    [蒼崎橙子said](空の境界 より)

    自主的ひきこもり生活もこれでどのくらいになるのかなあ。
    まあ引きこもっているといっても日常は飛ぶように過ぎてゆき、外来はワンサカで、相変わらず書類は積まれ、患者さんたちは日々激変し、電子カルテプロジェクトもなんとかスタートラインに乗ったし、ボンクラも優秀なスタッフも含めてみんな頑張ってくれている。そしてこのオレも。
    ただ、なんかラインに手をついてクラウチングスタートの姿勢が取れなかったんだよな、なかなか。
    日々ため息を付き、だからといって積極的に体を動かすわけでもなく、酒を煽るわけでもなく、自分が自分であることをまっとうするためのいろいろというか・・
    そんなことどもを考えているうちに、浦島太郎のような日々が過ぎてゆく・・だったのです。

    上記の言葉ではないけど、『目的のある逃走』ならそれでいいじゃん、
    おれはオレの選んだ道で罪を背負おうべきだ、とか、かっこいい言葉に後押し・・されてる?のかな。

    そんな気負った背景とはこれまた関係なく久々の自転車。

    長浜大橋の開橋(現役では最古の開閉橋らしい)を見ようというのが今年の目標だった。
    で、橋は日曜しか開かないという情報を得ていた。
    そんな情報に縛られてそっち方面には足が向かなかったわけだが、本日なんとなく南下のルートを選び、ついでに『長浜』までいっとけぇ!となった。

    『夕日の見える丘公園』で休憩、おしっこ。
    下灘の路端で休憩。
    長浜商店街は昼だというのにゴーストタウンみたいで、病院にはクルマ一台もない。
    商店街を通り抜けてやっとたどり着いた『長浜大橋』は修理中。
    この大きな橋が、船が通るために開閉する姿は壮観だろうな・・と思いつつ橋をわたって、より海沿いにできている『新長浜大橋』を見てUターン。
    港のビルの中にひっそりとある『フェリー食堂』でとんかつ定食。地元民ばかりの中で一人変なカッコで食す。1100円。

    それからは身体をだましだまし、えっちらおっちら、件の『夕日の見える丘公園』まで休みつつたどりつく。
    ケツは痛い、ペダルは進まない。ロードバイカー二人が足取り軽く抜いてゆく。けっ。

    海を見ながら、抹茶とバニラのソフトクリームを持っていると、老人が話しかけてくる。
    老人は若いころ自衛隊にいた話を繰り返す。
    21歳の時から4年間北海道の真駒内にいたんや、寒かったんでしもやけできる思うたのになぁ、訓練が激しすぎて出来んかったんよ。
    もう何回目だろう。それから三津に帰ってきたんよ。
    ところでわし何歳に見える、と聞かれたので、70歳というと、81歳と嬉しそうに答える。
    でもあとは死ぬだけなんよ、と、続ける。
    もう死ぬだけなんよ。
    にいちゃん若いからええわ、にいちゃん若いもんなあ、先がなんぼでもあるもんなあ。
    自転車ルックは若くみえるので得だけど、いやホントはもう50歳なんですよ。
    そう言ったらと彼はどう言うだろうか?やっぱり若いと言ってくれただろうか?

    じいちゃんに挨拶して、また重いペダルを漕ぐ。

    大型バイク・フルフェイスが、オレを追い抜いて、追い抜きざまに革ジャンの左手を上げてバイバイのサインを送ってくる。
    『えっ、もしかしてオレに言ってんの?』
    お先に?まあがんばりぃや?あんじょうやりなはいや?いい旅を?グッドラック?どうせこのバイクについてこれんのやからせいぜい邪魔すんなよ?
    わからんままにすぐにバイクは点になって消える。

    Time 4:24'12,total75.15km,Av17.0.Max50.5km/hr.
    松山→双海→長浜(長浜大橋)→双海→松山。

    重い体でスーパー行って、患者さんとくっちゃべって、
    ボージョレーをぽーっと眺めて、
    それでもって、本日は、
    B1グランプリ『焼豚玉子飯』第5位となんの関係もないが、
    すし飯で作るステーキ丼。
    なんかちょっと毛色が変わってるだけのことだけど。そしてやっぱり丼には味噌汁だ。

    旅はいつだって途上だ。そして人生ってやつも。

    おそまつ。


    スポンサーサイト

    • 2014.04.04 Friday
    • 21:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お疲れ様。長浜から双海、結構辛かったですよ。この間で距離と時間を稼ぐのですが。5月は体の左半分が猛烈に日焼けするし。
      75km走った達成感と心地よい疲れに乾杯。解体工、斫り工の世界では「体を叩く」といいます。
      • ti-57
      • 2011/11/17 10:01 PM
      たけちゃんに、、、、
      半生のところがある!
      不完全燃焼のところがある!!
      のかな〜?って思いました。
      私もです。www
      これから燃やすのです。
      だから、しんで行くだけじゃないんよ☆
      • miyosi
      • 2011/11/18 5:06 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM