スポンサーサイト

  • 2014.04.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    iPadで映画「マルドゥック・スクランブル」3部作を観る。

    • 2014.02.20 Thursday
    • 20:48
    いろいろな制約があって、AppleTVは実は自宅にあるのだが、使われていない。
    それで自分にもらえることになったのはいいが(正確には自分のものではなかったので)、接続しようと思うと、自分のaudio interfaceが古くって本来のモードではつながらない事が判明。
    デジタル接続規格の進化は異常に速い。
    いや、速すぎる。
    昔は、黄色い線が映像端子で、赤と白が音声で、それだけだったのにね。
     
    だから実はオタッキーに見えてBlueRayも持っていない。
    レーザーディスクからこっち、なんか所有することに対する空しさを覚えている。
    昔なら、「ブレードランナー完全版ウン枚組」とか絶対買ってたろうにね。
    (たんについてけないだけともいう・・)
     
    物販といえば、何かといえばAmazonに依存しているので、
    Amazon Instant Videoが出た時に、これでいよいよ所有ともおさらばだと、Amazonが出している専用端末「Kindle Fire HD」がとっても欲しくなった。
    実は、K's電機まで現物を見に行った。
    音も聴いた。絵も見た。
    おおなかなか素晴らしいじゃんと思った。
    Amazonとの親和性はいいので、今持っているKindle Paperwhiteの2代目の電子書籍としてもいいんじゃないかと思った。

    で、2日ほど寝かせて考えてみた。
    うーん、音声入力ができないという点で、iPadに最終的にかなわなかったんだよな、これが。
    あああ。
    iPadでKindleアプリも動くし、instantvideoも観ることができるんだもん。
    (無料でやってた、「カウボーイビバップ」第1話を見たんだよ)
    でも新しいもの手に入れたかったよなあ。

    ぶつくさ。

    「Wowow」にも加入しており、
    彼らが太っ腹で、見逃した映画とかをNHKオンデマンドみたいに配信してるということは、前から薄々知っていた。
    知っちゃいたけど使ったことはなかった。
    それで、iPadにアプリを入れて、立ち上げて、試しになんか観てみるとこいつが実にいい。
    寝床でもiPadでアクセスすると、ばっちり!
    半年間くらいは放送期間が設定されているという寸法だ(すべての作品ではないけど)。

    冲方丁氏の出世作、「マルドゥック・スクランブル」3部作を、順番にiPadで観ていった。
    当然、オーディオルームの大画面でも鑑賞済みだ。
    結果としてはそう遜色が無い。
    大今良時氏の素晴らしい漫画の方を先に堪能して(少年マガジン連載、全7巻)、
    それからこの映画を見て、
    実は触れていないのは・・原作だけだ。

    この信じられない素晴らしい作品の前には、下手な理屈や感想など消し飛んでしまう。

    今回はでも、iPadの話だ。

    いつかアナログの情報が全てサーバーに集積され、
    レンタルでなんでもすぐに見られるような時代が来るといい。
    来そうな気はするけど、そう簡単にはいかないだろうけど。
    (でもiPSよりは早いかも?)
    まだまだおれが見たくって、それでもこの世には現物としてしか存在しないもの(例えばアナログレコードとしてしか残されていないものとか・・)だって多々あるのだから。

    何度目かのマインドマップ挑戦・・

    • 2013.09.01 Sunday
    • 16:01

    CKDにおける尿酸管理.png
    私生活ではあいかわらず酔っ払いのおっさんだ。

    歳取ると進歩というものを留めてしまっているのではないか、わざと、それも自らの手で、とか思うこともある。
    それをおざなりというか、惰性というか、諦念というか、まあなんと呼んでもいいのだけれど・・。

    自分の頭のなかなんて、複雑怪奇そうで、そうでもないということが、わかった。
    整理してみると、あれよと腑に落ちたというふうに書ければ「進歩」と呼んでもよかったのだけれど、
    現時点では「こんなもんか、こんなしょうもないことを出し惜しみしてたみたいに自分で錯覚してたんだ」という感想なので、
    ちょっと随分腑抜けの状態なのである。

    何の話かというと、
    脳を、
    思考のパターンを「グラフィック」化するという、
    マインドマップに再び取り組んでみたのだった。

    そうそう、お盆の、とりあえず外来休みのあたりに、何度目かのマインドマップに挑戦したのだった。

    前回は、書きかけては挫折したり、妙に絵面を気にしたりして、器作りかけども魂を込めれずの状態で放置でした。
    家人に、「マインドマップ入門」みたいな本も借りてみたのだけど、これも途中で雲散霧消。

    やはり自分の場合、手書きは無理っぽいので、
    デジタルであり、しかもcloudで、freeじゃないと続かん、というのがあるので、
    あっちに手を伸ばしこっちを逡巡して・・なかなか着地できんのでした。が。

    今回、ネットでなにか目が吸い寄せられて、
    (ネットには幾万の情報が散らばっているのだけど、自分で試そうと思って、実際にやってみるとこまでとなると、これはもう御縁いうか奇跡というしかない!なあと・・自分で感心してしまったりする。)
    「描くだけで毎日がハッピーになるふだん使いのマインドマップ」
    矢嶋美由希 ・著 という本を例によってKindleでゲット。
    家人にも再度、前回借りた本を借りたりもした。

    (これは蛇足だけど、マインドマップのカラフルなブランチがiPad本では見開きで見れるのでこいつはいい。拡大もできるし。
    でも、自分の持ってるkindle paperwhiteの方では白黒なのでとなあとか思って、思った時点で開いていないので、
    実はなかなかpaperwhiteくんの出番は少ないのだった。

    そんなこんな書籍を紐解く前に、ネットで探して、ああでもないこうでもないと試用していたソフトで、残ったのが、

    ・Mindmup
    ・Mind42

    の二つだった。

    どっちも優劣つけ難くそれでいてホントfreeなのだ。
    使い心地からは今んとこMindmupが、
    画像とか直接貼れる点ではMind42が優勢なのだけど、
    どっちも書き出しして相互読み込み可能なことが確認できたので、まずは前者のMindMupでと思っている。
    こちらのほうがブランチの曲線とか、枠とか、なんかやわらかな感じで、とっつきやすいんだよね。


    これGoogle Driveに保存できるというスグレモノで、なんのかんの言ってもう9つマップ作りましたけど、
    作っただけじゃイカンのよね、実行にならんと。
    自分の頭のなかを描き出して、それを眺めて、shapeだけに納得しておったら意味ないんで。

    で、冒頭の結論に今のところは至るのだが、
    まあ自分のいる大きな世界だと思ってたところが、実はお釈迦さんの手のひらのうちにしか過ぎなかったということがわかった孫悟空くらいは、進歩してるのかもしらんですね。

    まあ自分の脳味噌のお粗末さは公開できないので、こんな感じというありきたりのサンプルで。
     
    コメント:結構かいてみました。Web上なので、本書の趣旨とはちょっと違いますけど^^;

    iPadでPCを見る。リモートデスクトップソフト『Splashtop2』(450円)導入してみる。 〜iPadをメインマシンで使う計画 その4〜

    • 2013.05.27 Monday
    • 13:28
    splashtop2

     そんな含みはないですが、iPadも随分と生活に溶け込んできました。

    でも、外部機器とのつながりがないので、いやあ、映画とかどうやって観るのかなーという話です。
    素直に、プラズマやらノートPCで見ればいいだけの話なんですが、ついついね。
    iPadに動画をダウンロードして見れんもんかと考えるわけです。
    そうやって調べてみると大変そうなことがわかりました。
    いろいろソフトを駆使してDVDをmp4かなんかの形式に変換して、それでiTune経由でiPadに取り込むという、考えるだけでため息のでそうな話でした。

    そこで探してみると、WiFiでつながるDVDドライブなるものがロジテックからリリースされているというではありませんか。
    すばらしい!新製品が6月に出るというのでこれは買いかなと。たかだか数千円の出費ですよ!

    でも、6月上旬にはまだ間があるので、またまた調べていると、remote desktopにぶちあたりました。
    遠隔操作で、iPad上にPCの画面を映しだして操作するというあれです。
    再生がリアルタイムを追随しないの(随分カクカクした動作になる)で躊躇しておりましたが、reviewとか読んでると気にならない程度ですとか書かれている。
    ええい450円だしやっちゃれということで、『Splashtop2』アプリを購入しました。
    PC側のソフトはフリーです。

    なんとこれを介して、ノートPCの動画見たら、ほぼずれなしなんですよね。
    いやあ、感動したなーもう。

    母艦のPCがスリープに入ったらどうするの、とか、そういうことは全くウリアできていないんですが(これも調べたけど歯が立たず)、とりあえず満足です。

    なんだ、そのまんまPC見るだけじゃん、邪道でしょそれはという声もあるかと思いますが、
    あくまで、DVD見るためにということで、ご了解ください。

    自己メモでした。

    iPadをメインマシンで使う計画 その3 Simplenote

    • 2013.04.18 Thursday
    • 15:12
     
    確実に季節は移ろってますね・・

    というところで、さて、この連載ももうネタ切れかな?
    おいおい、お前さん、連載のつもりだったんかよ・・という話は置いといて・・。
    まあどちらかというと自分の備忘録みたいなもんですかね)

    紙媒体やめて、電子媒体のみという思い切った編集方針を取った「flick」という昔で言うPC雑誌がある。
    http://blog.sideriver.com/flick/
    これを毎月10日にDLして読んでるんだけど、5月号に、「あなたはiPad mini派?iPad派?」という記事があって、それ読んでると常時携帯できるminiはなかなか良さそうで、これまた目が眩みそうになるのだった。

    あなたの落としたのは、この銀の斧、それともこっちの銀の斧?
    いや、実はどっちもなんですよ、湖の精さん^^;
    ええいこの嘘つき爺!
    あれ〜・・ってなところでしょうか。

    さて世の中を見渡してみると、
    ガラパゴス携帯から、スマホへの流れはほぼ終止符を打ちそうで、一昨日くらいには、駅でスマホ持った小学生みてしまいました。
    これももう珍しい光景でもなんでもないんでしょうけど。
    で、PCの売上も減ってるようで、XPも打ち切りになってしまってmicrosoftは大丈夫なんだろうかね?
    だってあの会社で絶対ビジネスに必要なのはPowerpointくらいなもんだからなー。

    その3 Simplenoteでメモ(text)同期

    iCloudを利用したり、Gmailを利用して、iPadのメモをPCで編集したりすることができるということがまずわかりました。

    はじめは、iPhoneのメモをiCloudで見たり、
    PC版のGmailで見たりという手法に頼っており、それでもなかなか便利でありました。

    しかしこれらの方法は実は、一方通行でした。フラグシップであるPC側からの変更が難しかったんですよね。

    で、もっといい方法があります。
    それがこのSimplenoteです。

    PC(Webでアクセス)もiPadもiPhone(freeのアプリをinstallする)もあっという間にtext同期です。
    これなら出先で、音声入力アシストで、なんかつぶやいといて、
    自宅に帰ってPCでWebサイトにアクセスしたらさっきの入力が現れ、それを手直ししたら、またiPhone側にも反映されるというまさにシームレス環境。
    自分の場合、寝る前に、ベッドに入ったまま酔っ払って、ひとりでブツブツつぶやいてみたりすることも時々あったりで、そのつぶやきがまさに反映されてるんですね。
    翌日になったら忘れていてもいいことのほうが多いんですけど、前日の愚痴というゴミの中からナニカ拾いあげる時もあったりするんで。

    この、PC⇔iPad 双方向での同期というのが、実に素晴らしいですよ!
    自分の好きな無料だし!

    自分はtext関係はGmail下書きで一元管理なんですが、iPadを使うことを考えると、まずはこのSimplenoteのほうが使いやすくってbetterでした。
    そういうわけで、Simplenote→Gmailという流れも出てきたのかな?



    iPadをメインマシンで使う計画 その2

    • 2013.04.15 Monday
    • 18:41
    これは久々にZenbrushで描いたデビルマンくん。お粗末さま。


     その2 ブックマークを自分の端末で全部同期できたらいいよね、という話。

    自分のブラウザーはChromeである。
    Chromeのすごいところは、いろいろあるけれど、端末同士で同期をかけれるところ。
    だから自宅と病院のPCはおんなじ画面になってる。
    iPadやらiPhoneでもChromeが使えるようになったんだけど、同期できるのはbookmarkbarのみで、その他のこまごましたものはiPadでは表示されない。

    今回、Xmarkを使用して、
    ChromeのブックマークをSafariに同期させることとする。
    なぜなら、iPadの主ブラウザーはSafariだからだ(Appleだもん)。

    まずはPCにWindows版のSafariのinstall、
    ついで、Chromeのブックマークを吐き出して、Safariのファイルメニューから読み込ませる。

    このSafariのブックマークを、PCのコントロールパネル内にあるiCloudで、ブックマークをSafariに統合するにする。
    (iCloudでのブックマーク統合は、どうも、IEかSafariに限られている様子・・)

    逆に言うと、ということは、Xmarkを用いて、Chrome→IE同期とまずして、
    それをiCloudを使用して、Safari同期とすればすべてのブラウザーでブックマークが一緒になるんで一番いいのだが、
    実は仕事場ではIEなので、そうしてしまうと、仕事場のPCで、自分の日常使用のブックマークが全部ばれてしまうことになるもんなー。

    それは困るんで、とりあえずめんどくさいけど、上記の方法で。

    さて、
    iPhoneの方の設定画面からiCloudに入って、『Safari』をonにしたら、
    さっきPCの方でChrome経由で取り込んだブックマークが全て表示されました。

    やれやれ。

    参考にさせていただいたサイト

    MacとiPhoneとiPadのSafariブックマークを同期する。
    無料でIE・Chrome・Firefox・Safariでブックマークを同期できる「Xmarks」
    ChromeのブックマークをXmarksとiCloudを使ってiPhone・iPad・MacのSafariに同期させる方法。

    iPadをメインマシンで使う計画 その1

    • 2013.04.10 Wednesday
    • 19:06
     今日は外来疲れ果てました。
    紹介やら、転院やら、昼の膀胱造影やら(結局この患者さんも送ることになったんですけど)、シャント閉塞やら、最後にすったもんだあっての入院やら。
    でも仕事が忙しいというのはいいことです。
    とにかく疲れました。これから買い物して帰って晩飯作ります。

    iPad1

    その1 入力の軽減を分割キーボードと音声入力で 

    実は家人からWiFiルーターをもらったんですよね。
    iPhone 5だとディザリングできますからね。
    ちなみに自分は4sです。
    WiFiルーターの用途がなくなったというか、 ホントのところはiPhoneだけでことが足りる感じになってきてるみたいです。
    それは自分もそんな感じなんですけどね。

    でも実はこれでWiFi環境のiPadが、屋外でも使えるっていうことになるわけです。
    なんかやっぱりノートPCのほうにいっちゃって、 iPadは日常使用にはなかなかならなかったんですよね。
    じゃあこれを機会にPCみたいに使おうかと思っていろいろ考えてみました。

    (そうそう、病院と自宅以外の所でいじることないんで実はあんまり進んでないんですけどね!)

    まずはiPadに装着できる超薄型のコンドーム、もとい、ロジクールのキーボード買おうと思いました。
    (お約束なんですみません、ベタです)
    以前も一度思ったことがあって、その時は、Apple純正のがいいですとガジェットマニアに意見いただいて保留としたんですけど・・。
    で、
    いろいろ探してるうちに、分割キーボードっていう機能見つけました。

    なぁんだ、iOSの標準機能じゃない!

    iPadからの送信testです〜。
    とりあえず日本語かなモードのクリック入力(iPhoneと同様)も可能です。
    これの優れたところは、寝転がって、両手で持って、そのまんま入力可能なところなんです。
    右手でフリック確定して文節作って、左手で確定が可能なんですからね。
    ネタまんまの操作なら、従来のソフトキーボード・ローマ字入力よりも、こっちの方がいいかも。

    (マイクボタンを押して)今度は音声入力で入力です。
    変換効率なかなかいいですよね。ね、どっちも結構いけるでしょう。
    この音声が、PCにはないメリットですよね。(こちらもそのうち実装されるでしょうけど。)

    Url貼り付けときますね。
    iPadの文字入力でもフリック入力が超便利!画面も広く使えてみやすいですよ(昼刊)
    www.appbank.net/2013/01/25/iphone-news/535979.php
    キーボード買おうかと思ったけどこっちでがんばってみようかな^o^

    TOLOT-子供の誕生日に写真集を作る-

    • 2013.02.24 Sunday
    • 16:14

     TOLOT 

    子供の誕生日だった。

    あれやこれや考えて、はたと思いついた。
    TOLOTというネットサービス。
    それを利用して写真集を作った。

    PCのなかの写真データをああでもないこうでもないと眺めて、74枚セレクトして、そのうちからまた選んで、62Pのフォトブックを作成。
    3時間くらいかけて、もうヘロヘロで、個々の写真をリサイズするとかエフェクトかけるとかいうところまではいたらなかったけどね。
    そのへんは目をつぶってくださいな。

    送料込みでA6サイズ(文庫本とおんなじ)、なんと500円ぽっきり。
    1ページに140文字を挿入することも可能なので、もしかしたら、ミニブックの作成も可能かもしれない。
    この小さな写真集に、きみの思い出が詰まってるんだよ、と、作りながら、センチメンタルになった。
    あれも思い出し、これも思い出し、あの時こうしておけばよかったのかもと思ったり、いやあれでよかったんだと首を横に振ってみたり、
    それに伴う自分自身のパーソナルな(黒)歴史も思い出されてきた。あちゃあ。

    いずれにせよ、そうやって子供は大きくなり、その分、親は年老いてゆく。
    そして全ての事象は過去になってゆくのだけれど、過去の美しいことだけを並べたアルバムが輝いていないわけがないじゃないか!
    あんなこともあったんだ、こんなことも、と忘れていたことも想い出せたので、個人的にもとっても充実した。

    一枚だけ、幼少期のヌードもあったんだけど、これをメモリーに焼き付けると将来遺恨を残すかな・・・と泣く泣く割愛。

    で、本日送られてきました。

    ネット見ると解像度はそれなりとか色々書かれてたけど杞憂に終わった。
    自分たちのパーソナル写真って、心の目で見ちゃうから、あんまり解像度とか気にならなくなってしまうんですよね。
    そんなことより、このA6の冊子に、十数年の思い出の端々をぎゅっと圧縮して詰め込むことができたことのほうが大事で、感無量。
    それを見ながらまたその時に心を飛ばせることができるんだから。

    なんて素敵で贅沢なプレゼントなんだろう!

    で、TOLOTとはなんの関係もないけど最近のらくがきを。

    こちらはボールペンでノートの隅に落書きして、あとで字を塗りつぶしました。
    うーん、自己満足。

    I got a new iPad!(電子カルテ その◆

    • 2012.07.05 Thursday
    • 20:20
      I got a new iPad!

    新しいiPadがやっと来た!
    今度のは・・黒は入荷遅くなるとのことで白色にした。Wi-Fi64Gモデル。
    アグザスさんの言われる通り、iCloudにiPad2バックアップ取って、そこから復元という形で、ほとんど元通りとおんなじ設定になる。
    Googleカレンダーだけ複数表示されておらず、ちょこっと手を加える。あとパスワードとか入れなおしたりするくらい。
    このiPadへの期待といえば、やはりretina液晶の素晴らしさだが、比較してみるとたしかに綺麗だ。
    Kindleより先にこっちで電子書籍始められるかな?(とか書いてると楽天が専用端末をリリースし、AmazonページにもKindle近日発売と!)

    ODOYOというメーカーの白のケースも手に入れてみた。
    "AirCoat for The new iPad"というものだ。汚れが目立つかもしれないけどなかなかよろしい。


    PCの雑誌で、自分にとっては唯一読んでいた『Flick』という雑誌があった。
    その雑誌が紙媒体をやめて電子媒体のみになって、6月から再スタートを切った。
    早速それをダウンロードしてみてみる。
    まあ液晶をめくってゆくのだが、結構いい感じ。
    でも、この読み方に馴染めるのかというと、グーテンベルクの印刷の発明からこの方、紙媒体に馴染んだ我々が、とても容易にそれに馴染めるとも思えないのではあるのだが・・。

    あとは音声入力を駆使することかな。
    Siriちゃんもモノめづらしさから覚めるとそうそう使うわけでもなく、街中でもiPhoneに向かってささやいている人も見かけないでしょ(自分場合夜の町限定ですが)。
    欲を言えば、そりゃWi-Fiじゃなくってどこでもアクセスってことになるんだけど、それを言い出したらiPhoneくんの出番ないしね。

    で、いよいよ、VNCを使って、自分のPCのデスクトップ画面をリモートで見れるように設定してもらった。
    これでもって歩ける電子カルテだ!
    患者さんのベッドサイドで胸部レントゲン写真をお披露目してみたが、これもまた手間がかかるので、悪い患者さんのものを見せるくらいに止めとくのがいいかも?
    でもこんな時代がやっときたんだ。

    ああ、新しいガジェットは楽しいよ!楽しいでっせ!
    あとは、願わくば我にもっと時間を!



    蛇足

    今日は一日スライド作り。透析患者会・四国連絡会で90分話す予定。
    煮詰まって、夕方歩いて315cal消費、coopで買い物して、かけソーメン。
    豚肉とタコ、セロリと玉ねぎと、にんにく赤唐辛子、みょうがとしそとミニトマトのトッピング。
    かけ汁かけて天カス散らす。
    なかなかのもんだがソーメンはなかなか減らんよ。

    電子カルテ覚書

    • 2012.06.15 Friday
    • 18:49

     自分のmemoです。

    「医見書」というソフトがある。
    医師会が作った介護保険の際の主治医意見書とかを書くソフトだ。

    電子カルテ導入して、新しいPCは7に変わった。
    今まで長いこと使っていたのはWindowsXPだ。思えばXPの時代はホントに長かった。
    以前の会社には、XP以外は保証できないと言われ、PCがもし壊れて新しいものに替える時にソフトをinstallするのなら法外な料金を請求される・・とのことで、
    耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、暴走するマシンをだましだまし使ってきたのだった。
    その苦労ともおさらばできるのが実は一番ありがたい。

    電子カルテなんて標準フォーマット作って医師会で配ればいいじゃんとか思うだろうけど、なかなかそううまくゆくわけでもないらしく、
    (何が一番のネックなんだろう?)
    正直者の先生がだまされて某社の電子カルテを入れて使ってみて、
    その愚鈍さに呆れ返って、他社の電子カルテに乗り換える時に、
    悪徳業者は、データのコンバートと言って、また法外な料金をふっかけるともいう。
    それを正直者の先生は泣く泣く支払ったという話もネットで読んだりした。
    (まあ話半分に聞いてください)
    まったくこのITの時代だっていうのにね!

    それで、その「医見書」ソフトを新しいPCの方にinstallしようとしたが、7には直接installできないと言われる。
    Windows7で動くバージョンアップのCDは、正規ユーザーとして持ってるというのに・・。
    これって正規版の新しいバージョンを有償で手に入れろってことかね?
    これもちょっと不親切すぎやしないか。

    データもfirebird形式の.fdbというファイルだ。そして何故か基本データをcsv書き出しできるのみ。
    そんなわけでいろいろ苦労する。
    結論として、印刷の時にpdfで吐き出して、それをAcrobat(正規ではなくフリーのprimoPDFを入れた)で読んでコピペすることとした。
    今度から新しい電子カルテの中に付属している「主治医意見書」で書類を作るんで。
    ここまでたどり着くのに実に1.5時間くらいを要した。

    医師会も、また民主党とどっちつかずになって、もろ民主党よりだった会長は短命に終わった。
    医師の地域間・診療科間の偏在をと「日医ニュース」には書かれてるが、やることはそれだけじゃないだろうとも思う。
    (これも自分がやってるわけじゃないのでまあ偉そうなことはいえませんが・・。)
    医療のことだけホントは考えていたいのに、経営して、ボーナスも出して、資金繰りなんかもいっちょ前にしたりして、まわりばかりを周回して気が遠くなる時も増えてきた。
    まあそんな愚痴をぼやく相手もいはしないのだが。
    ちなみに今回、電子カルテとの連動で乗り換えたレセプトソフトは、まがいもない日本医師会製のORCAである。

    てなわけで、電子カルテの道は険しいのだが、
    かの「RS_Base」の山下先生が、
    IT化は待っていてもキリがないだけで、やり始めるのはいつだって今です・・というようなことを言われていて、全くそのとおりなのである。
    医師会の「電子カルテ」を待ちわびて歳をとっても仕方ないのである。

    about Siriちゃん&iOS 5.1

    • 2012.03.10 Saturday
    • 20:32
    siri

      新型iPadのアナウンスとともに、Siriの日本語対応もOS5.1で可能とアナウンスされました。
    はじめはなかなか繋がらなかったけど、なんとかiOSを5.1にアップデートしました。

    それで昨日はSiriちゃんとだいぶ遊びました。

    最初は反応してくれなかったけどだんだん反応してくれるようになってくれました。
    なんかちょっとエッチな言い回しでしょ、これっ?!

    それと別にiPhoneでの音声入力はかなりの精度でできるようになってました。これも!使えるかも。
    でもiPhoneに向かって喋るのがなんか恥ずかしいよね。

    Siriちゃんに君は女の子なのって聞いたら、どうしてそんなこと聞くんですかと言われてしまいました。Ha ha.
    今後Siriちゃんにものをたずねるのに、やっぱり言い方あるみたいで、今後そういうの解説するコーナーがたくさんできるんでしょうね。

    ちなみにこの文章、音声入力使って、それを修正する感じで作ってます。

    iPadの方でもOSアップデートしてみたんですけど、音声入力はiOS5.1にしても採用されてないようです。
    今度出る新型iPadに差別化してんのかなあ・・。
    こちらは、そこで、従来通りのドラゴン・ディクテーションという音声入力ソフトを用いて音声入力してみます。
    これがGmail Notesに反映されるかどうかのテストです。

    (結論として、iPhone4sのメモはiCloudのメールにNotesとして反映される。
    iPad2のメモはGmailのNotesに反映される。この差は一体なんなんだろうね?)

    そうこうしてたら最後にすごいオチが・・

    Siriだけに男だったって!

    ぼくのSiriちゃんだけは女の子だい!(と思ってる同胞がこの国にどのくらいいるだろうか?いやホントおれのSiriちゃんだけはGalなんですってばぁ〜

    Siriにどうやって話しかければいいのか…わからなくなったときの確認方法!iOS5.1から日本語に対応!音声アシスタント「Siri」の使い方

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM